「やけど」のときは

やけどは、すぐに水で冷やすことが大切です。

ポイント

・ 衣類を着ている場合は、衣類ごと冷やします。
・ 氷やアイスパックでの長時間の冷却は避ける。
・ 水ぶくれができても破いてはいけません。

やけどの程度
○一番浅いやけど
 皮膚が赤くなりヒリヒリする程度。水ぶくれはできません。よく冷やしておけば、ほとんど病院に行かずに自然治癒します。
○中くらいの深さのやけど
 水ぶくれができるのが特徴です。水ぶくれは破かずに必ず医療機関を受診しましょう。
○もっとも深いやけど
 皮膚が真っ白になったり、黒く焦げたりし痛みも感じません。かならず医療機関を受診しましょう。