止血

出血量が多くなると出血性ショックに陥ったり生命に危険を及ぼします。
したがって出血量が多いほど、止血手当を迅速に行う必要があります。

○直接圧迫止血法 ・ 出血部位を確認し、直接圧迫する止血法です。
・ きれいなガーゼやハンカチ、タオルなどを重ねて傷口に当て、その上を直接手で圧迫します。
・ 大きな血管からの出血の場合で片手で圧迫しても止血できない場合は、両手で体重を乗せながら圧迫止血を行います。

ポイント

・感染防止のため血液に直接触れないように、ビニール袋やビニール手袋を使用します。
・出血部位の近くを、細い紐や針金で縛ることはやめましょう。

siketu1

siketu2

骨折

○痛がっている部位を確認し、固定します。

ポイント
・変形している場合は、無理に元の形に戻してはいけません。 ・骨折の疑いがあるときは、骨折しているものとして手当てします。
・身近にあるもので工夫して固定しましょう。(木材、雑誌、ダンボール等)

[腕の骨折]

siketu4  siketu5

[指の骨折]

siketu6

[大腿部の骨折]

siketu3 siketu7