「首を痛めている」ときは

次の症状があるか聞きます。

・首が痛いか?
・手足がしびれるか? 
・手足に力が入らないか?
・呼吸は苦しいか?

一つでも該当する場合は、首の骨を痛めていると判断します。

ポイント

・傷病者のいるところが安全であれば、頭を動かさないように両手で支えて固定し、不必要な移動は行わない。
・傷病者のいるところが危険な場所でやむを得ない場合に限って、安静に必要最低限の移動を行います。

首を痛めるような事故は、交通事故や高所からの墜落の可能性がありますので、首の安静を図ることが大切です。