AEDの使い方

AEDにはいくつかの種類がありますが、どの機種も同じ手順で使えるように設計されています。
電源が入ると音声メッセージとランプで、指示してくれますので、それに従って使用してください。
①AEDの到着と準備

○AEDを傷病者の頭の横に置き、ふたを開け電源を入れます。
(ふたを開けると自動的に電源が入る機種もあります。)
○電源を入れたら、以降は音声メッセージとランプに従って操作します。
○電極パッドを貼る。
・ショックボタンを押す際は、必ず自分が傷病者から離れ、さらに誰も傷病者に触れていないことを必ず確認します。
・傷病者の衣服を取り除き、胸をはだけます。 ・電極パッドを袋から取り出し、粘着面を胸部にしっかり貼り付けます。
(貼り付け位置は電極パッドに表示されています。)

ポイント
・電極パッドは、肌との間に隙間を作らないよう、しっかりと貼り付ける。
・アクセサリーの上から貼り付けない。(なるべく外す。)
・傷病者が濡れている場合は必ず拭く。
・床面が濡れていた場合は、移動する。
・ペースメーカーから3cm以上離して貼り付ける。

aed

aed12

②心電図の解析

○電極パッドを貼り付けると「体に触れないでください」などとメッセージが流れ心電図の解析が始まります。
・このとき傷病者に触れないでください。正確な心電図が測定できません。

aed13
③電気ショック

○AEDが電気ショックを加える必要があると判断すると「ショックが必要です」などの音声メッセージが流れ、充電が始まります。
○充電が完了すると、「ショックボタンを押してください」などの音声メッセージが流れ、ショックボタンが点灯します。
○誰も傷病者に触れていないことを確認し、ショックボタンを押します。

ポイント ・ショックボタンを押す際は、必ず自分が傷病者から離れ、さらに誰も傷病者に触れていないことを必ず確認します。

aed14
④心肺蘇生法を再開

○電気ショック終了後、「ただちに心臓マッサージを開始してください」などのメッセージが流れますので これに従って心肺蘇生法を再開してください。
○心肺蘇生法を再開して2分経過したら、AEDが自動的に心電図の解析を再び実施します。
その後は上記②→③→④の繰り返しです。

 aed15

 


指宿市及び南九州市のAEDを設置している事業所等(公表可のみ)を掲載しています。